ドローソフト向けプラグイン開発

経緯

電気機器メーカーZ社様。ドローソフト(Illustrator / CorelDRAW)向けプラグイン開発ができる会社を探していた。
MacとWindows両方の開発が必須条件だったため、両方の技術に精通しているパッションに依頼した。

ドローソフトとは

主にベクタ形式での表現を利用する画像描画ソフトウェアである。ドローソフト(ベクターグラフィックスエディタ)はペイントソフト(ラスターグラフィックスエディタ)とよく対比される。

ソフト 形式 得意分野
ドローソフト ベクタ形式

※画像や文字のデータを「向きや長さ」で覚えておくデータ形式

グラフィックデザイン
ペイントソフト ビットマップ形式

※データを「座標と色」で覚えておく画像形式

写真画像の加工
《代表的なドローソフト》
  • Adobe Illustrator
  • CorelDRAW (Windows系ドローソフト)
  • Inkscape( オープン系ドローソフト)

ポイント

ドローソフトのAPIを用いてベクターデータに変換・加工・編集を行い、レイアウト編集・プレビュー表示・レイヤー編集など高機能なインターフェースを持つプラグインに対して、MacとWindowsの両対応で拡張開発を行っております。