検証業務

アプリケーションの動作検証を、多種多様な端末・OSで、Macに特化したテスト観点で実施します。
高品質で安全なアプリ開発の実現、テスト工程の支援が可能です。

特長
・アプリケーションの動作確認を多端末で

最新技術でアプリケーションを開発しても、毎年のように新端末の発売やOSのバージョンアップなどが行われ、新しい環境が次々増えます。
新しい環境が増える度に、アプリケーションの動作確認を行わなくてはならず、多大な労力とコストを費やさなければいけません。
パッションなら最新の端末から過去のOSまで豊富な資産を保有しているため、ご要望に合わせた端末で検証を行うことができます。

バージョンコードネームリリース
Mac OS X 10.4Tiger (タイガー)2005年4月
Mac OS X 10.5Leopard (レパード)2007年10月
Mac OS X 10.6Snow Leopard (スノー レパード)2009年8月
Mac OS X 10.7Lion (ライオン)2011年7月
OS X 10.8Mountain Lion (マウンテン ライオン)2012年7月
OS X 10.9Mavericks (マーベリックス)2013年10月
OS X 10.10Yosemite (ヨセミテ)2014年10月
OS X 10.11El Capitan (エル キャピタン)2015年10月
macOS 10.12Sierra (シエラ)2016年9月
macOS 10.13High Sierra (ハイ シエラ)2017年9月
macOS 10.14Mojave (モハベ)2018年9月
macOS 10.15Catalina (カタリナ)2019年10月
macOS 11.0Big Sur (ビックサー)2020年11月

・Macのスペシャリストならではの観点で

多様なアプリケーション開発に携わってきた経験から「Macのあるべき姿」を十分に理解しています。この観点を大切にし、仕様書に書かれた項目をテストするだけではなく、様々な角度から検証を実施します。
これは、Macのプロフェッショナルだからこそ提供できるサービスです。

ご要望例
テスト工程のパワーが不足している

テスト工程をまるごと請け負うことも可能です。テスト工程に費やす時間を本来の開発業務に専念させることが可能です。

アプリケーションの不具合がなかなか減らない

Macのスペシャリストの観点からからアプリケーションを見直し、適切な改善案の提案を行います。