性能の計測や実行状態の監視、問題点やボトルネックの特定、問題を緩和・回避するための設定や構成の変更などの作業を行い、ソフトウェアの性能を最大限に引き出すチューニング対応をいたします。

macOSバッテリー消耗が激しいアプリの原因特定と改修

最近、お客様よりこんな依頼がありました。

「macOSの最新バージョンで自社アプリを使うとバッテリーの消耗が激しい…原因の特定と改修は可能か?」

macOSは毎年バージョンUPしているので、ユーザーに提供したアプリケーションに対して基本的には毎年のメンテナンス対応が必須となります。
新しい機能が増えたり、昨年まで使えていた機能が使えなくなったりするのでOSの入替えによりそれまでと同じように使えるかどうかを確認する必要があります。
また、長く使い続けるアプリケーションであれば、毎年OSが増えていくのでサポートするOSの本数も毎年増えていきます。
それに加え、最新のMacではCPUの変更がありました。それまで使っていたMac向けのアプリケーションをそのままでは動作させることができないので、新しいCPU向けの改修が必要です。
アプリケーションが動作する条件は必ずしも同じとは限りません。
比較的新しいデスクトップPC上で、パワフルなCPUや豊富なメモリ容量の場合もあれば、ちょっと古めのノートPC上で、そこそこのCPUとメモリ環境下の場合もありえます。
どちらに於いても不都合なく動作しなくてはならないので、強力なマシン向けに最適化されたアプリケーションでは、比較的非力なマシン上での動作に支障がでる可能性も考慮しなければなりません。
やはり、Windows版とは違い、Mac版は調査も一苦労なんですよね。
Macスペシャリスト集団のパッションでは、上記のようなチューニング対応も対応しております!

TOP