セキュリティ

情報漏洩対策・資産管理ツール

一般的にコンピュータを利用する企業におけるリスクの1つが「情報漏洩」です。 悪意のあるユーザに機密情報を外部に持ち出せないように、情報収集や持ち出し操作を禁止するシステム開発は、コンピュータの深層への干渉が必要となり、高度な知識と開発技術が求められます。 この開発技術は、カーネル拡張(システム拡張)技術と言います。 逆の見方をしますと、カーネル拡張技術を導入すると、通常のアプリケーションでは不可能な制御が可能となります。

株式会社パッション-情報漏洩対策•資産管理ツール

経緯

情報通信メーカーB様より、Mac開発を知る技術者がいないため、Macのセキュリティ対策システムの構築ができるパッションへ依頼。

代表的な機能

  • 「ファイル操作ログ」(作成、削除、移動、コピー、等)の取得
  • 「ファイルアクセス制限」(特定ファイルの隠蔽、特定のファイル操作の禁止)
  • 「Webアクセスの制限」(特定のWEBページ閲覧禁止)
  • 「外部デバイスへの書き込み制限」(USBメモリ等へのファイルコピー等禁止)

ポイント

  • カーネル拡張技術の導入で、通常のアプリケーションでは不可能な高度な制御を実現。
  • メーカーB様のみならず、カーネル拡張技術を利用したシステム開発実績は多数あります。
https://passion-s.jp/wp-content/themes/solaris_tcd088/img/common/no_avatar.png

カーネル拡張機能の一部廃止に伴い、ファイル操作監視機能をシステム拡張へ移行

 

TOP