カーネル拡張

macOS の中核であるカーネル部分を機能拡張することで、通常のアプリケーションでは実現できない、プロセス管理、アクセス制御、ドライバ制御などを可能にします。情報漏洩・インシデント対策の分野では、カーネル拡張技術を用い、ユーザの操作ログ収集、ファイル・ネットワークアクセス制御、USBメモリなどの外部ディバイスの接続制御など実現することが可能です。

カーネル拡張開発を行うときは専門の業者に依頼することをオススメいたします。

カーネル拡張は、高い性能を要求される最重要なソフトウェアであり、プログラミングの中でも複雑で難しく、正しい設計・実装が要求されます。

    カーネル拡張開発複雑・難しいとされている一部を下記に記載しております。
  • デバッグはXcodeではできず、すべてターミナルコマンドで行う。
  • カーネル拡張をデバッグするにはmacOS 2台(または仮想環境)を用意する必要がある。
  • ちょっとしたコーディングミスで端末全体に影響を与えるカーネルパニック(※)が発生する。
  • カーネル拡張内でメモリリークが発生すると、最終的にカーネルパニックが発生する。
  • 開発言語はC言語のみ。

※カーネルパニックとは
 ⇒Mac OSの基礎部分であるカーネル(kernel)内で問題が発生し、システム全体として再起動する必要がある状態。

パッションはお客様のニーズに合わせ、多種多様なカーネル拡張を利用した開発実績があります。
実績の資産、知見をもとに高品質、短納期を実現致します。

関連ページ