OS、Xcodeのバージョンアップの影響

Explanation

ある日突然、アプリを開いたら動作しない、表示が崩れているという現象はございませんか?
それはOSのバージョンアップやXcodeのバージョンが影響しているかもしれません。
ここでは、OS、Xcode、アプリケーションの関係性や影響について説明いたします。

【用語解説】
 ・Xcode:ソフトウェアを開発するためのアップルの統合開発環境 (IDE)。
 ・OS:システム全体を管理し、さまざまなアプリケーションソフトを動かすための最も基本的なソフトウェア
 ・アプリケーション:コンピュータで、使用者の業務に応じて作成したプログラム。

※ イメージ図

Version List

MaciPhoneiPadXcode
2011年Mac OS X v10.7(Lion)iOS 5-4.0 ~ 4.2
2012年OS X v10.8(Mountain Lion)iOS 6-4.3 ~ 4.5.2
2013年OS X v10.9(Mavericks)iOS 7-4.6 ~ 4.6.3 / 5.0 ~ 5.0.2
2014年OS X v10.10(Yosemite)iOS 8-5.1 ~ 5.1.1 / 6.0 ~ 6.2
2015年OS X v10.11(El Capitan)iOS 9-6.3 ~ 6.4 / 7.0 ~ 7.2
2016年macOS v10.12(Sierra)iOS 10-7.2.1 ~ 7.3.1 / 8.0 ~ 8.2.1
2017年macOS v10.13(High Sierra)iOS 11-8.3 ~ 8.3.3 / 9.0 ~ 9.2
2018年macOS v10.14(Mojave)iOS 12-9.3 ~ 9.4.1 / 10.0 ~ 10.1
2019年macOS v10.15(Catalina)iOS 13iPadOS 1310.2 ~ 10.3 / 11.0 ~ 11.3
2020年macOS v11.0(Big Sur)iOS 14iPadOS 1411.4 ~ 12.0

Suggestion

今回ご紹介した事例は、MacよりもiPhone/iPadの方が多くあります。 OSバージョンアップはユーザーの意図しない自動更新があるためです。 OS、Xcodeバージョンアップ対応なら『Appleのスペシャリスト集団』の パッションへお気軽にご相談ください。