Flutter

 クロスプラットフォームに対応しており、1つのコードで複数のプラットフォーム(iOS、Android、Web、Windows、Mac、Linux)に対応したアプリケーションを開発することができる。

https://passion-s.jp/wp-content/themes/solaris_tcd088/img/common/no_avatar.png

※Googleによって開発されたアプリケーションのフレームワーク。
2018年12月リリース。
Flutterには「羽ばたかせる」という意味があります。

業界最注目のクロスプラットフォーム

Flutterによるマルチプラットフォーム開発のメリット

  1. 開発スピードが速い
    Nativeアプリではソースコード変更後アプリを再起動する必要があり確認するまでに時間がかかります。FlutterのHot Reload機能を使うことで、開発中のアプリを数秒で更新できるようになりコンパイルする手間がかからず開発スピードの向上に繋がります。
  2. 初期開発予算の圧縮
    運用開発コストの大幅ダウンも可能に。1つのソースコードでiOS、Androidアプリの開発が可能になるため、初期開発コストを抑えることができます。またNativeアプリでは保守を行う場合、iOS/Androidそれぞれのアプリエンジニアが保守を担当しますが、Flutter開発の場合、Flutterエンジニア1名で対応できるため稼働が減りコスト削減になる。
  3. 新時代に適した開発手法
    業種、業界は現在テレワークを実施しており開発人数が増えれば増えるほどマネジメントコストがかさみます。flutterであればエンジニア人数が1/2程度になる為マネジメントコストを最小に抑える事が可能です

まとめ

  • UI実装のリソースを削減、高い生産性を実現。
    ネイティブ実装と比べかかるリソースを大幅に削減できます。
  • UIコンポーネントが豊富なので、柔軟なデザインが可能。
    自由度の高いUI実装、充分なパフォーマンスを発揮します。
  • ネイティブとほぼ同等の機能が実装可能。
    位置情報、プッシュ通知、決済、などネイティブ実装と同等のアプリを開発する事が可能です。

関連ページ

 
TOP