アプリケーション

Xamarin クロス開発 《Mac & Windows》

macOS(Big Sur)  iOS  Xamarin

精密機器メーカーA様。2つの要望があり、一番ネックであるMac開発について、専門業者を探していたところパッションを発見し、依頼。

  • 様々なOSで動作するアプリケーションとして開発。
  • ハードウェアの出荷予定日は延期することができない。

様々なOSのアプリを一括で開発可能

通常、異なるOSでアプリを作成する際は、OSごとに異なるコード・プログラミング言語で作成する必要があります。
これは、開発コスト=「1つのアプリ開発に必要な量xOSの数」となる(※1)ことを意味し、発注側のコスト負担として大きな懸念となります。また、工期も長くなり開発側にも大きい作業負担となります。

https://passion-s.jp/wp-content/themes/solaris_tcd088/img/common/no_avatar.png

※1:概念的なものであり、すべての条件で提要される計算式ではありません。

ポイント

Xamarinを使用したクロス開発でコスト削減
Xamarinの導入で1つのコードから、異なるOSに対応するソフトウェアを構築しました(※2)。
これによりコードの共通化が可能となり、より大きい開発コスト削減を実現しました。

https://passion-s.jp/wp-content/themes/solaris_tcd088/img/common/no_avatar.png

※2:OSの種類やソフトウェアの性質により共通化可能なコード量が異なります。

株式会社パッション-Xamarin クロス開発

 

TOP